血糖値を下げる飲み物はなに?おすすめの品を教えます

血糖値 飲み物

血糖値の正常値と基準値について

 

正常値や基準値というものをきちんと知っておかなければ、血糖値対策をしていくのは非常に困難と言えるでしょう。空腹時、食後のそれぞれの血糖値について、正常とされている基準値を紹介したいと思います。また、さらに糖尿病の診断基準についてもしていきたいと思います。

 

血糖値というものの中にはいくつかの種類が存在しています。そのため血糖値を測定した際には、複数の血糖値を確認する必要があります。血糖値の種類に応じた正常値や基準値について紹介していきたいと思います。まず血糖値の正常値というものをチェックしましょう。

 

まず空腹時血糖値についてです。空腹時血糖値とは、9時間にわたり絶食した後に計測した血糖値のことを言います。糖尿病が疑われるケースは、空腹時血糖値が126mg/DL以上の場合です。また日本糖尿病学会が分類する基準によると、80〜110mg/DLが優、110〜130mg/DLが良、130〜160mg/DLが可、160mg/DL以上が不可となります。

 

次は75gOGTT2時間値についてです。75gOGGTT2時間値は、75gのブドウ糖を摂取した状態において計測する血糖値のことを言います。食後血糖値と呼ぶ場合も、基本的には75gOGGT2時間値を指しているのです。この数値が200mg/DL以上になってしまうと、やはり糖尿病の可能性が疑われることとなります。こちらについても日本糖尿病学会が設定した基準値が存在していて、80〜140mg/DLが優、140〜180mg/DLが良、180〜220mg/DLが可、220mg/DLが不可となります。

 

その次は、随時血糖値です。随時血糖値は、食事とはあまり関係なく計測した血糖値のことです。この血糖値が200mg/DL以上である場合、糖尿病の可能性が出てくるでしょう。この数値については、日本糖尿病学会による細かい分類は知られていないようです。

 

そして、HbA1cです。HbA1cは、血中のヘモグロビンとブドウ糖が結合したタンパク質のことを言います。結合してから120日間は結合が解けないことより、HbA1cの数値を調べることによって過去30〜60日間の平均血糖値を知ることが出来るのです。

 

血糖値を下げるためようなコーヒーの飲み方

 

血糖値が高い状態をなんとか下げていくためには、いろいろな場面において気を遣って生活していく事かもしれません。それでは普段コーヒーを飲む場合には、いったいどのようなことに気をつけていくと良いのでしょうか?基本的なこととなりますが、コーヒーに砂糖は入れないようにしてくださいね。ミルクを入れたい場合には、生クリームか牛乳がベストでしょう。コーヒーフレッシュを使う場合には、成分表示をよく確認して、糖質が少なめのものをチョイスしてください。

 

それ以外にも血糖値を下げていくためにおすすめしたいコーヒーの飲み方としては、シナモンを入れたシナモンコーヒーを飲むと良いでしょう。シナモンには、インスリンの働きを増強してくれる効果と抗酸化作用の2つがあります。それにシナモンの香りによって程よくリラックス効果が期待出来ます。

 

それから缶コーヒーは糖質ゼロなど表示がされていない限りは、びっくりするほど大量の砂糖が含まれています。ですから血糖値が気になるという方は飲まない方がいいでしょう。昼食は菓子パンと缶コーヒーだけという人も、もしかしたら少なくないかもしれませんね。でもその組み合わせというのは血糖値にとって最悪の組み合わせだと言えるのです。しかしその缶コーヒーを他のコーヒーに変えてあげるだけで、血糖値対策が出来るのだとしたら、どうでしょうか?

 

そんな血糖値が気になる人向けのコーヒーについて紹介しましょう。最近は血糖値コントロールに役に立つといわれている食品や飲み物は、たくさんの種類のものが出てきています。そんな中でも、お茶やコーヒー等の血糖値対策出来るような飲み物は、簡単に始めることが出来るので人気が高いようです。

 

そのような人たちの間で、ここ最近話題になっているコーヒーに「フィットライフコーヒー」というものがあります。トクホでもあるフィットライフコーヒーのポイントは、なんといっても難消化性デキストリンです。難消化性デキストリンとは、とうもろこしを原料としている水に溶けやすくて胃で溶けにくい食物繊維のことを指します。

 

血糖値を下げる飲み物について

 

トクホ、すわなち特定保健用食品のおいしい青汁を飲むことで、血糖値対策を始めてみましょう。ではどうして青汁を飲むことで血糖値対策になるのでしょうか。その理由については、難消化性デキストリンという成分がこの商品の中に含まれているからなのです。難消化性デキストリンと呼ばれる成分は、食事に含まれている糖の吸収を穏やかにしてくれる効果が確認されています。

 

近年、血糖値が気になる方に注目されだしているのです。血糖値を下げるような効果があると言われている飲み物には、たくさんの種類があります。普段からよく飲んでいるお茶やコーヒーによって、血糖値対策出来るものを探しているという方もいらっしゃいますよね。また健康的な商品があればいいなぁと普段から思われている方も多いことでしょう。そんな血糖値対策が出来たり、あるいは血糖値対策出来きそうな飲み物について紹介したいと思います。

 

まず1つめはコーヒーです。コーヒーにはカフェインが入っていますので、血糖値の上昇を心配されている方もいるでしょう。でも中にはトクホ(特定保健用食品)のコーヒーだったとしても、すべてのコーヒーが血糖値に対して悪影響があるわけではないようですね。血糖値の上昇が気になって仕方がないという方は、食後血糖値の上昇をおだやかにしてくれるというコーヒーも販売されていますので、そのようなコーヒーを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

 

2つめは、青汁です。販売されているすべての青汁が血糖値対策出来るわけではありません。一部の商品だけがトクホ(特定保健用食品)の青汁として、血糖値対策に対応していると考えていていいでしょう。まずいと言われた青汁の時代はもう終わりと言えるでしょう。近頃では おいしい青汁の時代 といってしまっても過言ではありません。

 

血糖値を下げる料理とは

 

血糖値を下げるための料理方法というものがあります。それはいったいどんなものなのでしょうか。自分自身や大切な家族が血糖値を下げる事が必要になった際、料理でも何かしらの工夫をしようと挑む方もいらっしゃるでしょう。でも料理する人にとっては毎日行うこととなりますから、相当な負担となってしまうかもしれませんね。

 

そのような時にちょっとしたポイントを知っておいたなら、料理のレシピを考えるのも断然楽になるでしょう。まず血糖値を下げるための食事というのは、大きく分けると5つのポイントが存在しています。

 

1つめは、GI値の低い食品を食べることです。
2つめは、1回の食事における量を減らし、回数を多くすることです。
3つめは、加工食品を控えるようにして、できるだけ新鮮なものを食べます。
4つめは、刺激物を控えるようにすることです。
5つめは、食後血糖値の上昇を穏やかにしてくれる食品を活用します。

 

これから料理をしていく際には、こういったポイントをおさえるようにしましょう。

 

1つめのポイントにある、GI値の低い食品についてもう少し説明したいと思います。GI値というのは、血糖値の上がりやすさを意味する数値となります。GI値が高いとされる食品は、血糖値を急激に上昇させてしまいます。その反対にGI値が低いとされる食品は、血糖値を穏やかに上昇させるか、もしくは血糖値をあまり上昇させることがありません。

 

GI値の低い食品を挙げてみますと、肉や魚介類、卵、大豆製品、乳製品、野菜(イモ類以外)、海藻類、きのこ、ナッツといったものがあります。それに対してGI値の高い食品は、お菓子やジュース、砂糖やブドウ糖果糖液糖が入っている食品や料理、バナナ、イモ類といったものです。

 

水は血糖値を下げてくれる

 

血糖値を出来るだけ簡単に下げる方法というのはあるのでしょうか。それはもしかしたら、水を飲む習慣をつけていくことかもしれませんよ。食事の際に水分を摂るだろうと思いますが、それとはまた別に水を一日500ml以上飲んでいくと、高血糖になってしまうリスクが4割くらい下がるようです。この時に飲むのは、ミネラルウォーターでも水道水でもいいようです。

 

またさらにワインやビールを摂取している場合であっても、水を500〜1,000ml、もしくは1,000ml飲む習慣があるという人は、高血糖症になるリスクがなんと2〜3割も減るそうです。確かに水というのは私たちの体の大部分を構成しているものですから、常時水分を補給してあげることは良いと言います。

 

朝起きた時などは血液がどろどろ状態になっていますので、水を飲むと良いようです。より効果が高いとされているのは白湯を飲むことでしょう。白湯というのは水を飲むのに比べると、デトックス効果がかなり高まるので、老廃物を出すことで血液を浄化していきうことが可能となります。

 

血糖値の高くなっている人というのは、かなり便秘になりやすいだろうと言われていますが、白湯を飲む習慣を持つことによって便秘になりにくい体質へと変えていくことが出来ます。もしも血糖値を下げたいと切に願っているのであれば、日頃から水をよく飲むような習慣をつけていくと良いでしょう。出来ることならば、白湯を飲むような習慣をつけていくと尚いいと思いますよ。

 

こちらもどうぞ 糖分を取り過ぎたらコレがいい!血糖値に効果ある飲み物一覧

 

生理のたびに頭痛が起こる場合

 

頭痛の原因や種類は様々ですが、女性で生理のたびに頭痛がいつも起こるという場合は、緊張型頭痛もしくは月経関連片頭痛であることが多いように思います。

 

緊張型頭痛というのは筋肉の緊張が起こす頭痛で、筋肉が緊張状態が続いて凝り固まったときに、血流が悪化し老廃物や拡張した血管が神経を刺激するために起こる頭痛です。緊張型頭痛は生理とは直接的には関係ありませんが、生理中は心身にストレスが大きくなるため、それによって誘発されている可能性があります。

 

一方の月経関連片頭痛は、女性ホルモンのエストロゲンの影響によって生じるもので、エストロゲンの減少によって脳内物質であるセロトニンが減少し、その結果血管が拡張してしまって神経が刺激され、頭痛が生じるようになります。これらの頭痛には少し症状に違いがあり、緊張型頭痛の場合は締め付けられるような痛みが出ることが多く、月経関連片頭痛においては血管に原因があるので脈打つように痛みが走ります。

 

また、頭を振ると痛みが強くなるのが特徴です。こうした生理中の頭痛では、血管の拡張や筋肉の緊張に原因があると考えられるので、頭は冷やしてお腹は温めてあげることが効果的です。また、光などの刺激やストレスは緊張状態やストレスを招いてしまうので、やや暗い部屋で安静にするのが良いでしょう。

 

この場合、頭痛薬の使用はあまりお勧めできません。頭痛薬によって作用のメカニズムは違っていて、合わないと効果が無いばかりかかえって悪化させる原因になりますので注意しましょう。

 

生理痛にはこちらもどうぞ 生理痛を緩和する飲み物

更新履歴